fbpx
Thumbnail of post image 143

旧石器時代の主要な樹木は朝鮮五葉松であり本州から北九州にかけてひろく分布していた 今から一万年以前前までは繰り返し繰り返し厳しい寒さと温暖な時期 ...

Thumbnail of post image 040

松葉入り調味料のあれこれ 松を飲んだり食べたりしてマツ会のFaceBookグループでオイルに松葉を入れる投稿から、ならばと調味料酒、醤油、なたね ...

Thumbnail of post image 062

土壌改良剤作りその後 元気な松を育てるには、根を元気にする。樹木と共生関係の微生物を増やすことかと土壌改良剤を作り始めて2ヶ月となります。 2ヶ ...

Thumbnail of post image 191

  アカマツウォーター(30ml) さわやかな香りで気分もリフレッシュします。 ■成分 伊那谷産の赤松から抽出した赤松蒸留水にティーツ ...

Thumbnail of post image 041

一家に一本の松を植えよう運動 「赤松を種から育てる」発芽から8ヶ月過ぎましたが、どうも様子がおかしい。。。 松の苗がどんどん枯れて(発芽から8ヶ ...

Thumbnail of post image 136

松葉とへベスの組み合わせ 松葉の成分とへベスの成分が重なるところがあり、しかも、ヘベスの酸味が松葉と絶妙にマッチングして美味しく、グイグイ飲めて ...

Thumbnail of post image 095

松の茎茶 松の茎の利用のあれこれでお伝えした一つに、松の茎茶がありますが、乾燥したものを粉砕してお茶にしてみましたら赤松蒸留水のような香りです。 ...

Thumbnail of post image 101

紙面環境シンポジウム後の交流会で松葉ジュースの試飲会 箕輪町の有志でつくる西部山林環境改善保全会で紙面環境シンポジウムが行われ、山林保全に関する ...

Thumbnail of post image 039

伊那赤松のクラフトビールが誕生しました!! 長野県南部に位置する「伊那谷」は、南アルプスと中央アルプスという3000m級の山脈に挟まれた谷状のエ ...

Thumbnail of post image 015

森と暮らしをつなぐ 経木は、日本で古くから使われてきた、伝統の包装材。 今のように、プラスチックやラップが主流になるまでは、何でも経木で包んでい ...